こざかなの素

治療・療養、時々ゲーム

令和初日

天気が不思議な一日でした。
ここ数日の不安定な天候が気になっていたのですが、歴史に残るような一大行事には太陽が顔を出しました。
年末年始もそうですが、このような厳かな雰囲気になるとどうしても思い出してしまうのが「大神」です。

ちょうどセール期間ということもあり、PS4版を買ってしまいました。

何年ぶりかに筆しらべやってみたら、なかなか難しい。「令」の字が「今」っぽくなってしまった…

テレビでずっと即位関係の報道を見ていましたが、「三種の神器」とか「御璽」とか聞くと、大神やら十二国記やら鬼灯様やら、連想三昧になった新時代初日でした。

道草三昧

DC版ではサクッと進めていた「シェンムー」。PS版ではセーブが楽になったのをいいことに敵討ちそっちのけでギャンブルに時間を費やしています。

偶然、仕切りに当たって入りました。こんなところ狙っても当たらないです…
雨の日の方が弾かれにくいというのが、何度も遊んで実感しました。
青空の時にやると、「そっちに飛ぶか!?」というくらい、変な方向に落ちることがありました。初期位置から落としても、晴れた日の方が左右の振り幅が大きいような気がします。

f:id:kozmoz:20190411233620j:plain

心が折れそうになった落し玉の技書。「白猿落」は取れたけど使える気がしないです(戦闘苦手)。

スロットもほぼ惰性で回し続けて認定書取りました。

f:id:kozmoz:20190411232522j:plain
f:id:kozmoz:20190411232541j:plain
f:id:kozmoz:20190411232553j:plain

 20BETの右肩上がりの赤7はなかなか出ないのですが、一回出ると6万枚なので、こまめにセーブしながら続けました。
そして100万枚貯めてもトロフィーは出ません。ほとんど苦行。

ストーリーは黄天楼に入る前の茶碗陣を試すところで放置中です。
このまま茶碗陣の失敗を続けてバッドエンドを見る道もあるのですが、とりあえずは一度きちんと桂林を目指します。
(いつまた具合が悪くなって緊急入院するとも限らないので…(-_-;)

心が全うでなかった

自分用の備忘録で病気ネタが続きます。

先日、予約を前倒しで診察してもらったばかりなのに、3日後に呼吸困難になり、病院に連絡して夕方救急外来で診てもらったら…

CT・X線・採血・心電図の結果、まさかの心不全(ケモの心毒性)でそのまま入院となりました。

いろいろ検査して時間がかかったため、病室に案内されたのは22時過ぎ。消灯1時間後だったので、その日は暗い部屋で寝るだけになりました。
入院グッズ(?)が何もなくて着の身着のままだし、携帯のバッテリー残量も30%くらいで充電器ないし、横になると心臓バクバクだし利尿剤で夜中起きるし、寝た気がしませんでした。

翌日、家人に頼んで必要なものを持ってきてもらいましたが、それでも足りなかったものは院内のコンビニのお世話になりました。

当初、呑気に「2~3日で帰れるよな」なんて思っていたら、去年の手術入院の時より長引いてしまいました。病院食は全日程完食で“健康アピール”していたのに!
(しかも差額なしが第一希望だったのに満床で差額ベッドに…)

毎日の利尿剤と心臓のお薬で何とか持ち直して退院しましたが、いろいろ学ぶことが多かったです。心毒性の心不全は治らないらしいので、緊急時に備え、いつでも入院出来るよう身の回りグッズはあらかじめ用意しておこうと思いました。

 

帰宅して何がショックって、録画予約していた「ピアノの森」が、テレビのコード抜かれて録画されてなかったことでした。
(コンセントに携帯の充電器を差したままだったので、持参を頼んだら部屋の中のコード全部抜かれてた…)

屍再び

手術から約4か月。
明方の息苦しさや咳が辛く、予約を前倒しして診察してもらったら、まさかの再発(転移?)で再びケモをやることになった。しかも胸に少し水が溜まっていることが分かった。
今服用しているホルモン剤は中止して、注射に変更(また高額…)。ケモは経口になるけど、また屍の日々になるのか…

胸水の方が衝撃なのだけど、次の診察まで放置している状態が不安で仕方ない。

切っても終わらない

自分は本当に「ひとり」が好きなのだな、と改めて実感している日々です。

食卓に「誰か」がいると食欲が落ちる(あまり美味しいと感じない)。
洗濯機の中に「誰か」の洗濯物が入れたままになっているとがっかりする。
掃除したばかりの床に「誰か」が落としたパン屑を見つけて落胆する。

「住まわせてもらっている」のだから、多少の我慢は仕方ない、と引っ越して間もない頃は思っていたのだけど、こういう些細なストレスが積もって闇が深まっていくのですね。

今服用している薬の副作用で一番難儀なのが両腿の筋肉痛です。一度床(低位置)に座ると立ち上がるのが大変。どこかにつかまらないと立てない状態です。

右側をリンパ郭清したので、神経切れて感覚がなく、右腕の可動域に制限があるのですが、これまた地味に不便(&痛い)です。
もうすぐ術後3ヶ月だけど、どのくらいで支障を感じなくなる動きになるのか先が全く見えず、これも闇の深まりの一因のような気がしています。

ケモしながら仕事している人とか、本当にすごいと思う。自分はⅢB(リンパ転移+皮膚浸潤)でも術前ケモは4クールで終わったけど、白血球の戻りが悪くてジーラスタ打っていたので、ケモ期間はほぼ屍状態でした(吐気とだるさで食欲低下、体重減少)。
今の薬で吐気の副作用がないのがせめてもの救いですが、それにしても痛いところが多すぎ。

明日、2月4日は「世界がんデー」なのだとか。数日前から流れている日テレの番宣で初めて知りました。
こういうの見ても、実際に当事者にならないと「ふーん」とか「へぇ」で終わってしまいそうな気がします。