似て非なるもの

ウイルスと悪性腫瘍では比べること自体意味ないけど、心に与える影響は何となく似ている。

がんと心:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]


不安な時は、とにかく些細なことでも気になって検索しまくってしまうのだが、なぜかマイナスな情報にしか目が行かないのだ。その上さらに妄想が膨らみアワワ......な状態に。
しかし一定期間過ぎると、腰を据えて見つめることが出来るようになる。そうなるとちょっと心が楽になる。あくまで個人の体験だけど。

自分もあまりいい健康状態とは言えないが、適当に気晴らししながらインドア生活を満喫している。
(ゲームをする余裕があるかどうかで体調の良し悪しが分かる)

 

【2020.4.29 追記】

今年はゴールデンとは言い難い連休になった。新型コロナウイルスの影響で外出を我慢して、家の中で悶々としている人も多いと思う。アウトドア派にとってはもはや拷問だろう。
コロナ欝・コロナ疲れ・自粛疲れ、どれも自分は無縁だが、癌だと言われた当初は似たような心境だった。不安や恐怖に押し潰されそうで、とにかく情報を集めようとネットに張り付いても怖い話題に目が行ってしまうという……

 

基礎疾患がない人はコロナが収束すれば必ずいつもの日々に戻れる。その日を早く取り戻すための外出自粛。日常が戻ったら何をしよう?あれやろう!これも食べに行きたい!と、楽しい妄想を膨らませて待とう。

家の中で出来ることもたくさんある。
普段気にしない細かいところの大掃除をする、模様替えする、撮り溜めた録画を見る、積みゲーを消化する、または一度クリアしたゲームデータを消去して最初からやり直す(マゾ;)などなど。
あとは…ヘアカラーに行けない人はこの機会にグレイヘアーに挑戦するとか。
自分は僧侶になって得度する以外は生涯縁のなさそうだったスキンヘッドを経験したので、仕事していたら絶対出来ない髪型にしてみるというのもあり。

それにしても、コロナがあぶり出した日本の闇の多さ。収束後はどうなるのか、そちらの方も怖い。
(そして早く収束させないと猛暑にマスクという試練がーー暑いよ、真夏のマスクとヅラ)