こざかなの素

治療&療養で気ままな生活≒現実逃避中

思い出の詰まった黒い箱

探し物をしていて押入れや棚の奥などを漁っていたら、以前使っていたPCに繋げていた外付けHDDが出てきた。引っ越して落ち着いてから中身を整理しようと思っていたのに、すっかり忘れていた。
PCを買い替える前にデータをまるごと保存しておいたもので、今見直してみると不要になったものが結構あった。電気・ガス・水道の使用開始の申込み画面とか、携帯電話のプラン変更申込み画面とか、暮らしの契約関係は実家に戻ってしまった現在は完全に不要。しかも受付日が2005年とか。物持ち&用心深すぎる自分。

仕事関連では、Wordで作った職務経歴書が出てきた。作成日が2007年・・・13年前。転職多すぎて(主に派遣)アルバイト含めたら13社(1社だけ合併で社名変更あったので実際は12社)。
単純計算すると1年1社になるが、契約期間の長短や日本にいない時期があったりで、一番長いところは5年半くらい。企業名を見ているといろいろ思い出されて感慨深い。

びっくりしたのが20年近く前に書いていた日記が出てきたこと。2002~2003年に書かれたもので、当時趣味で作っていたホームページのコンテンツの中のひとつである。
ちょうどブログサービスが普及し始めた頃で、まだまだ敷居が高いと思ってホームページの中でウェブ日記として公開していた。たいしたこと書いてないのだけど、過去の自分と会ったみたいな気分で懐かしくなった。

あと同じくホームページで公開していた中国生活記も残っていたので、こちらはそのうち転記しよう。
そしてこのタイミングで中国日記を発掘したのが不思議と言えば不思議で、今日(昨日)は香港返還23年目。返還当日、自分は広州にいた。現地で式典のテレビ中継を見ていたが、とても厳かな雰囲気だったことを覚えている。日本でいうところの「ゆく年くる年」みたいな感じ?

f:id:kozmoz:20200701222434j:plain
f:id:kozmoz:20200702185247j:plain
緑色の文字は「香港回帰祖国倒計時」

返還後も50年は変わらず、自由でエネルギッシュで美味しいもの溢れる街でありつづけると思っていたのだが・・・
2020年はまた歴史に残る1日になりそう。
(嫌でも1989年の北京が頭をよぎる)