こざかなの素

治療&療養で気ままな生活≒現実逃避中

自言自語(1)

17~18年前の自分と再会。
健康よりも人との関わりや自分の内面に重きを置いていた頃。

 

2002年6月17日(月)

何日か前に録った、教育TV「歴史で見る世界」の“ユーラシアの東西を結ぶ(1)~陸のシルクロード~”を見ました。
解説の立教大学の教授が留学時代にカシュガルのバザールで買った「水の漏れる」水差しが出ていたのですが、交渉もせず相手の言い値で買ってしまったのがいけなかった、と当時を振り返っていました。
「異国の土地で交易をするには、取引相手とどのように信頼関係を築くかが重要です」
と、その教授は語っていました。
中国語の「東西」って素敵な言葉だな・・・と改めて思いました。

 

2002年8月3日(土)

面白い夢を見ました。
いま外国にいる友人から携帯にメールが来ました。
そのメールというのが動画になっていて、その内容が何だか宣伝ビデオ(?)のような作りになっているのです。
「嬉しいなぁ」と思いつつ目が覚めて、その後再び眠ってまた夢を見たのですが、今度はその夢の中で「動画メールが来た!」と誰かに話しているではありませんか。
脳の働きって不思議です・・・。

 

2002年11月10日(日)

年の瀬が迫ってきたというのもあるけど、過去を振り返って色々なことを考えている。
前だけ向いて生きていければいいのだけど、性分なのか、自分が関わってきた多くの事柄を思い返しては反省、後悔、そしてたまに怒。ぐるぐる回ってきりがない。

(中略)

今の仕事に就いて知り合った人から、時々新聞や雑誌の切り抜き記事をもらう。
今も私の傍らにあり、叱咤してくれる一文がある。
『“自分に向いた仕事がない”とか言っているけど、あなたにどれだけの値打ちがありますか?社会は働き手を必要とはしていますが、あなたを望んでいるわけではないのです。』
もう一文。
『歴史上の重要人物でもない私の人生の歴史を、誰が気にとめるだろう。(中略)親子、兄弟、夫婦でも、自分以外はやっぱり別の人間なのだ。』

 

2002年12月17日(火)

ツブツブは相変わらずだけど、風邪は完治目前。年明けも目前。
年末は何で慌しい(と感じる)のだろう?別に慌しくもないのに。
仕事の件数は確かに増えているけど、残業もなく毎日定時に帰っている。しばらく人と会う予定もないから、仕事に使う時間(通勤時間も)以外は全部自分の時間。これはとても恵まれているのでは…と思っている。
先日のカウンセリング(?)のように、複数人で月一回会う(だっけ?)より二人で月二回会って話す方が、心には優しいかもしれない。三人だと二人の話に耳を傾けてばかりで、自分のことを話すタイミングをつかむのが難しい。四人だともっと難しい。
友人が多いのは良いことだろうか?
“ともだち”と“知り合い”の違いは何だろう?と時々思う。
時間がたつと嗜好や趣味も徐々に変わってくる。以前通っていた中国語の学校から今日講座案内が届いた。でももう習う気はない。
クラスのみんなとは教室がなくなった後も集まったりしていたけど、もう私は話題についていけないくらい中国関連の事情に疎くなっている。話の輪に入れない、と去年の今頃思った。
趣味の仲間と集まって他愛のない話をするのは、それはそれで楽しかったけれど、何だかそれだけの付き合いというのに疲れてきた。夜出歩くのも兢々。
(キーボードに向かうと感情的になるってほんとだー)

 

2003年1月2日(木)

毎度毎度の寝正月。一日の半分は眠って終わるので、24時間があっという間です。
Sさん宛ての電脳お年賀で「キント雲」と打ったら、変換一発目で出たのが「金と運」。新年早々何となくうちひしがれてしまいました…。
“幸せは歩いてこない”
今年も一歩進んで二歩さがります。(?)

 

2003年1月16日(木)

毎朝一駅先から出る始発電車に乗り換えているのですが、時間が合えば一番先頭に並んで座ることが出来ます。今日も運良く先頭に並び、折り返し電車が来るのをじっと待っていましたが、ダイヤの乱れで遅れが生じ、私の後ろにもいつの間にか長蛇の列が出来ていました。
電車がホームに入り、ドアが開いて、手前にある端の座席に座りかけたその時・・・
なんと一人のオヤヂが無理矢理端の席に座ろうと割り込んでくるではありませんか!半分私の膝の上にオヤヂは乗っかっておりました。
もう大変驚きました。いや、怒りとかそんなの通り越して。
その人も会社へ行けばいい歳ですから肩書きの一つや二つ、部下の一人や二人はいるでしょう。家に帰れば妻も子もいるでしょう。そんな社会的には「大人」として生きているオヤヂの今朝の行動を見たら、会社の同僚や家族はどう思うでしょう。
「我先に」「俺が俺が」という世の中、いろんな人がいるもんです。

 

2003年2月7日(金)

イライラしたらカルシウム!コザカナ!
「これをお食べ。そして忘れるのじゃ。」

 

2003年3月28日(金)

週末です。
明日の出勤を免れて夜更かしが復活してしまいました。
仕事の帰りに久し振りに秋葉原を徘徊し、つい数日前に発売を知った「SeaMail」を購入しました。
「SeaMail」とは、かつてDC(ドリームキャスト)で話題になった(?)「シーマン」のメールソフトです。
デスクトップで泳ぐベビーギルマン。まだ使い方がよくわかりません。“人間関係修復保全ペット”ということですが、今のところ人間関係に大きな問題はないので、ベビギルが活躍するのはスケジュール帳とスクリーンセーバーぐらいになりそうです。

 

2003年3月30日(日)

夜の9時10時台に横になっていた私はどこへやら。ぱそこんには魔物が住んでいるようです。
でも今日は久し振りにゲームにハマってしまいました。
もともと「シーマン」をやる為に購入したDCですが、パッケージの“なんか中国ものっぽいなぁ”という純粋な?興味だけで始めた「シェンムー」。私の日常生活まで変えてしまうとは、当初は思いもしませんでした。
どこがどう面白いのか、知らない人には説明するのが難しいのですが、親の仇と秘宝の謎を求めて中国を駆け巡る若者の成長物語とでも言いましょうか。
そんな物語が何故私の日常を変えてしまったのか、ということについては更に説明が難しいです(笑)。
開いただけで修得出来る○○・・・ドラ○もんの暗記パンみたい♪(欲しいー)

 

(2に続く)